スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48プロペラアクション雷電

1/48プロペラアクション雷電を仮組みしました。
いろいろすぎるツッコミどころだらけですが、遊びということでひとつ。
DSCF0010.jpgDSCF0011.jpg
遊びついでに着陸脚も中途半端引き込み機能を付けました。バカです。
DSCF0012.jpg
電池ボックスは付属の単三用ではなく、同じタミヤの別売り単四用を本体内に
仕込みました。
ちょっとズレちゃったのは次の反省に活かすことにしよう…。
単四でもかなり強くプロペラが回るので、疾風もこの要領でやれそうドリーム。
DSCF0007.jpgDSCF0014.jpg
んでなんで雷電なのかというと、実はこのイラストを再現ごっこしたいのです。
sisuta20.jpg
次のは雷電本体の表面処理と塗装ではなく、1/48のシスターフィギュアを作るのが
大目標になりそうです。
この大きさの女性フィギュアってなかなかないから、エポパテで新規に作らなきゃ
ならんのかなぁ…?



スポンサーサイト

1/48マイクロエーススピットファイヤー だったもの

アリイ(マイクロエース)の1/48戦闘機プラモシリーズが定価800円と安いのを知り
つい一気にいろいろ買ってしまいました。これはその一つスピットファイヤー。
本当はスピットファイヤーとして組むつもりだったんですが、モーターを入れてみようと
思ったのが運の尽き。ちくしょうこんなことに。
IMGP0419.jpgIMGP0420.jpg
プロペラだけ10年ぐらい前に買った、同型同プラモの残留品です。よくこんなの残ってたなと
我ながら運命の出会いを感じます。
ガンダムマーカーで塗ってます。妙な剥がれが生々しいです。
IMGP0421.jpgIMGP0422.jpg
電源は単四電池を使用。モーターはタッチダッシュモーター。プロペラはビニールパイプで
着脱可能に。
新しく買ったスピットファイヤに付いてる4枚プロペラとの付け替えもしてみたい。
1/72戦闘機プラモのコクピットを付けて、1/100パイロットフィギュアを乗せて
「これは1/100巨大戦闘機なんだ」というハチャメチャ妄想。
なぜなら私のプラモブブンドドウ世界は1/100統一だから。ヒデェ
IMGP0424.jpgIMGP0425.jpgIMGP0427.jpg
もちろんプロペラ回ります。着陸脚も全然完全じゃ無いけど収納可能。
こういうのを手に持ってブブンドドウするのが幸せです。嘘偽り無い魂の幸せ。
白子装備も放置のまま何やってんだか。こうやって未完成のブツを増やしながら
俺の部屋はコクピット。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

1/60パチ組シャイニングガンダムで妄想

すみません。某所向けへのアプロダ代わり兼、昔から考えていた妄想垂れ流しです。
zz1_20090609133619.jpg
①当初、そのTVアニメーションは近未来カーレース物であった。脚本は素晴らしかったが
放映当事はロボットアニメ全盛期。低視聴率に苦戦していた。
②スポンサーのテコ入れにより2クール目からロボットアニメへ無理矢理シフトチェンジ。
主人公のホバーカーを背中に合体させて他のロボットと戦うという内容だ。
③ところがそれが空前の超ヒット。不人気で2クール打ち切りのはずだった本アニメは
全52話の一年を大好評のまま幕を閉じたのだった。
④二年目の続編製作も決定。しかしながらロボットを突貫デザインしたデザイナーに
新ロボットをデザインする力は残っていなかった。
そこで前作のロボットのデザインをマイナーチェンジする方式を採用する。
ところが前作では冴え渡った脚本家のシナリオが低迷、ストーリーに破綻が生まれ
3クール目中から視聴率も低下、そのまま盛り上がりもなくシリーズは終了する。
あれから20年後、古アニメ再評価の流れによりDVDボックスが発売された。

                                という夢を見たよ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

ガチムチサザビー

以前の改造で大腿上部を削りすぎたと気になっていたので修正。
同時に大腿も太らせようと思い、人生初のパテによるパーツ延長(?)に挑戦。
いきなりパテ盛ってもやばそうと本能で察知し、まずはプラ板と武装神姫の
余ってた格調スペーサーをガイドとして接着。
zz15.jpg
乾燥したらパテを盛り付け。普通の人はポリパテでしょうけど、私は木部エポパテで。
本当はポリパテの方がキレイに出来るんだろうなぁ…。使える人を尊敬します。
zz16_20081222203808.jpg
ペーパーでヤスって装着してみる。たぶんいや絶対サフ吹いたらボコボコでしょう。
テスト可動してみる。
zz17_20081222203928.jpg
大腿太くした分、若干の可動域制限ができちゃったかも…。たぶんヒザ立ちキツい。
前も書いたがフロントアーマーがもう少しだけ上がったらなぁ…。
スプリング接続にしたいけど、失敗したらちょっと立ち直れないからパス。

逆襲のサザビー

股関節脱臼のまま放置されていたMGサザビーに手を出した。
本来ならプラ板やらで自作するのが筋だが、ヘタレな私は市販パーツに逃げた。
プラサポと5mmポリキャップの組み合わせで股関節やっつけ。
zz11_20081213164753.jpg
普通のMG1/100サイズの股関節なら、5mmポリキャップとプラサボ一組だけで
出来上がりですが、サザビーほど大型になるとそれでは保持が無理と思い
5mm穴のポリキャップ二つで5mmの凸が出たポリキャップを挟みました。
土台は手抜きしてプラサポ使用。でもそのおかげでポリキャップの可動域が
確保できて結果的には良かったかも。
zz12_20081213165138.jpg
5mmプラ棒で股関節を接続。強引ですがヒザ立ちもできます。
フロントスカートがもっと上がれば、もっと自然なヒザ立ちができるでしょう。
ブブンドドウ的には「コクピットから降りるパイロット」を演出できるので
重要なファクターです>ヒザ立ち
できねーならできねーで「20mの高さから飛び降りても平気な奴」と強引設定で。
zz13.jpg
最後にサンダーボルトマンと一発。
壊れたり治ったりで不安定なサザビーの股関節もなんとか形になったので
そろそろ武装を作ってやろうかなぁ…。
俺的ブブンドドウ設定ではサンダーボルトマン同様拳法ロボですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。