スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 Ronnie James Dio

去る5月16日、HR/HM界における重鎮とも呼べる人物であるロニー・ジェイムス・ディオ氏が
逝去されました。67歳でした。
その訃報を聞いてから描きたいと思っていた、自己流しすぎもほどがあるロニー氏のイラスト。
dio.jpg
彼は以前より胃がんの治療中であり、仮に一線のヴォーカリストとしてではなくとも
治療完了して元気になってほしい、おこがましくもこの地球で共に生きながら音楽を聴きたい
そう思っていた矢先の出来事でした。

「泣く」とか「悲しい」等の感情よりも、「ひとつの時代が終わってしまった…」みたいな
壮絶な喪失感を覚えました。それは今でも同じです。
だからといって「もうディオの新作は聴けないんだ」と切り捨てるのではなく、これからも
彼の音楽を聴いていく。ただそれだけだと思います。

アルバムを買う金の無いガキの頃、今はなきレンタルビデオ店で借りたHoly diverの
一曲目、Stand Up and Shoutの衝撃は忘れません。ありがとうございました。
R.I.P Ronnie James Dio

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。